スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母々校、遊郭、勲五等

母の実家へ。

三河の祖母ももう九十三歳。

ちょうど母が九州からやってきている
タイミングに合わせてやってきた。

三世代で母子二人の心象風景へとトリップしてみることにした。

IMG_2419_R.jpg

IMG_2408_R.jpg

母の母校(母々校)は、まだ健在だけど、
この校舎は資料館と使用されているらしく、
当時、母はこの校舎で学んだらしい。

母の名前を旧姓で呼んであげたら
元気よく返事してくれました(笑)


映画のロケ地にもなっているらしく、
浅丘ルリ子もここに立っているかと思うとテンションは上がる。

そんな麗しく心象記憶に浸っている母と祖母を差し置いて、
もっぱらダビの最近の趣味といえば、赤線跡の探索!

ということで、九十三歳の婆さまを後部座席に乗せたまま、
遊郭跡へと向かうことにした(笑)
ここからはダビの一人趣味モード全開へ。

IMG_2430_R.jpg

IMG_2425_R.jpg IMG_2423_R.jpg
話は飛んで、最近は、実家の古写真を収めることにも凝っていて、
結構なストックが溜まってきた。

しかし、母方の方は、まだ一切、手をつけていなかったため、
今回の訪問に合わせて、取り込むことにした。

IMG_2353_R.jpg

IMG_2358_R.jpg

右で指揮を執っているのが、祖父。

小さい頃から、祖父が偉かった話は聞いてきたけど、
実際、どのくらい偉かったのか、戦争でどんなことをやってきたのか、
彼の口から直接聞いた事はなく、どうもやはり話したくなかったのではないか、
ということを後々、いろんな人から耳にした。

昭和4年濱口雄幸内閣の賞勲局総裁に抜擢された下条康麿に
祖父は、1940年、勲五等(正五位)を授けられていた。
戦争中に叙されているということは、ホントすごかったんだろうな。


そんなこんなでノスタルジーに浸る時間はおしまい。

また現実に戻って、ダビは前に進んでいきます。

来月あたりにはまた面白い報告ができそうな気がしていて楽しみです。
関連記事

テーマ: 写真にコトバをのせて | ジャンル: 写真

October Swimmers 2013 | Home | 基地から沖縄をとらえる~キャンプ内部潜入編

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。