スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DOOR OPENS BOTH WAYS

キム・ヨーソイらしき人物のライブに行くも、
会場は小学校の教室のようなところで、
キムが弾くはずのない透明な4弦ギターを取り出し、
何故かその中には、ニーナ・パーションの巨大な切り抜きが入っていて、
これは俺の"UPPERなんだぜ"と言うはずのない縦ノリを要求し、
歌うはずのないnikakoiの曲を、"実は俺も演奏に参加してたんだぜ"という体で話が進んでいく。

気怠くそこに佇んでいると、小学校の同級生や高校のマイナーな同級生もいて
億劫なダビは彼らに話かけてみると、やはりダビの死亡説は良い様に流布されていたようで、
「やっぱりそうなんやね」と関西弁で応対したところで目が覚めた。朝の3時。

明晰夢にはダビにとって永遠の課題になりそうだ。

忘れかけていたキム、北欧とエレクトロニカ尽くし(ニカコイはグルジアだけど)、
窓を開けて眠るようになり、切ない風も影響したのだろうか、
そういえば先日、鼻血が出た。鼻血の季節がやってきたのだ。
季節替わりの鼻血は、とかくせつないのだ。

そろそろ各方面にも動き出しなさいという暗示なのだろうか。



関連記事
俺をぶっ壊せ!! | Home | 17歳のシンデレラ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。