スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why not? If you are happy.

代官山物語の「いいじゃないの幸せならば taboo version」を探していたら、奴姉さんのMVを見つける。
本格的に歌手活動をはじめていたのか、彼女のセンスはキュートン時代から実は気になっていた。
コンセプトがしっかりしていて、音楽に対する愛を感じられるところがいい。

最近はまた新しい世界観を見出しているようで、面影ラッキーホールの世界に突入している。
歌はお世辞にも・・・でも、酒焼けヴォイスがいい味を出しているね。







小さい頃からもヤ〇ルト取ってて、家に毎日ヤ〇ルトおばさん来てたし、
前の職場に営業にも来てたので、そのたびにヤ〇ルト買ってたりもしたっけ。
今住んでいる近所にはヤ〇ルトの基地があって、しょっちゅう遭遇する彼女たちを見るにつけ、
PVのような世界を想像したりしていたのがダビだけではなかったということが何よりも嬉しいんだ(笑)



Taboo versionはやはり見つからない。実家から持ってくるしかないのかな。


関連記事
October Swimmer 2015 | Home | あなたは時間のスペースでちょうどお尻です

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。