スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Why not? If you are happy.

代官山物語の「いいじゃないの幸せならば taboo version」を探していたら、奴姉さんのMVを見つける。
本格的に歌手活動をはじめていたのか、彼女のセンスはキュートン時代から実は気になっていた。
コンセプトがしっかりしていて、音楽に対する愛を感じられるところがいい。

最近はまた新しい世界観を見出しているようで、面影ラッキーホールの世界に突入している。
歌はお世辞にも・・・でも、酒焼けヴォイスがいい味を出しているね。





あなたは時間のスペースでちょうどお尻です

宣言通り、10人しか入っていない映画館で観てきました。

多少、ライブ映像も観れると思って、
ライヴを映画館で見るような感覚でいたんだけど、
まともなライヴ音源なんてひとつもない
良い意味で裏切られた感じでした。

結構、ショッキングな事実とか、なるほどね、っと納得させられたりもしたけど、
それ以上にインヴィジブルな彼らの生態が明らかになったことと
同じ目線で楽曲づくりだとか、精神性だとか自分自身にも向き合えたことで
とても懐かしい感情を掘り起こすような作業の2時間でした。
(時間は確認していなくて、90分くらいだろう軽い気持ちでいたら、1時間58分!)
ダビでさえ相当おなかいっぱいだったんだけど、
俄かファンがどれだけ理解できるかがポイントなんだろうね。

最近、健さんもMステに出て、メロコアだとかバンドブームだとか、
思うところもいろいろあるみたいなので、
ダビもいろいろと掘り起こしてみることにした。



よくもまあ、歌詞もないドイツ語のバンドをやろうとか言い出したものだ。
改めて、歌詞を確認してみると、
「私はゲ〇だ、私はユ〇ヤ人です と共産すぎます」 とか
こんな歌うたわせてたんだね、コー〇、ごめんなさい。
https://translate.google.co.jp/translate?sl=de&tl=ja&js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fwww.songtexte.com%2Fsongtext%2Fwizo%2Fraum-der-zeit-33dcc889.html&edit-text=

鬼 - oni

最近、某ベーシストのshower氏からお得な個人向け音楽情報の配信サービスが始まったおかげで、
いとしさと、せつなさと、心強さが補われるわけですが、
たまに「森友さん第2章」とかフロントマン向け情報も流れてきたりします。



こんな映画ができているとは知らなかったし、こんな映画を映画館で観る機会もそうそうないだろうし、
重い腰を上げて、都会に繰り出してみようか。

アイヌの涙、じゃなかったナイルの一滴


6月のある日、釜ヶ崎で、ダビの20代の音楽と記憶に再会する。

IMG_6541yjs.png

冒険者たちのバラード

無性にガンボを食べたくなって、作ったこともないくせに味を想像しながらガンボスープを作ってみる。

すると、いつものように安直なダビの頭の中は「ガンバの冒険」の脳内メドレーが止まらない。


ガンバの冒険 ED 投稿者 9038BH7

小学生ながら、部活から帰ってきては、かぶりつくように見ていたガンバの冒険。
ノロイはトラウマになるほど恐かったし、ボーボは足引っ張りすぎてぶん殴りたくなるし、
練習後の疲労感も拍車をかけ、「これだから俺はチームプレーには向かないよなー」と
11歳にして一匹狼を悟らせてくれた記念碑的アニメ。
でも、なんでこんなイライラする漫画をかぶりついてみていたのかというと
幼いながらも究極のカタルシスを待ち望んでいたんだろうな。

EDでは、暗い海とノロイのホラー映像ばりの恐怖映像を流すし、
最後の歌詞は「けれど夕日はお前の仲間のドクロをうつす」で終わらせるし、
挙句の果てには曲の最後はマイナー調で終わらせるという、不安感ばかり煽りながら
何とも消化不良で終わる、爽快感が微塵もない児童アニメとは思えないこの曲は
一体誰が作ったんだろうとふと思ったんだ。

ごめん、ううん、ほんと、いや、うん、なんか、うん、ごめん、うん、ごめん、大丈夫だよ

表題は何だか、ダビの口癖みたいです。

こんな言葉しか発せないことがたまにあります(笑)

いや、ヨエコ嬢は元気にしてるかなあと調べていたら、たまたま見つけた新しい出会い。

なんでも、ヨエコの「ままごと」をリスペクトして生まれた曲だそうだ。



偽りの夜 tonight tonight

ここ数年は嘘みたいなエイプリルフールを過ごそうと毎年変なところへ行ってみたりしてたけど、
もはや自分を偽ることはできずに、現実と向き合う夜を過ごす、tonight tonight

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。